メリットを知ろう

注射器

メスを使わない敷居の低い美容整形

九州最大の繁華街の博多や天神などがある福岡市には、美容整形を受けられる多くの美容外科クリニックが軒を連ねています。一昔・ふた昔前は美容整形と言えばかなり敷居の高いものという認識を持つ人が多かったのですが、最近の福岡ではかなり敷居が低くなっているようです。美容整形の敷居を低くした要因としては、テレビや雑誌などのメディアで取り上げられる機会が増えたことに加え、「プチ整形」の存在が大きいと言えます。プチ整形はメスを使わない美容整形のことで、皮膚や身体、精神的な負担が軽くて済むというメリットがあります。皮膚をメスで切開して縫合する、また骨を削るといった美容整形の場合、術後に傷跡が残る・痛みや腫れが長く続くといった症状が出るのが一般的です。コンプレックスを解消するためにうけた美容整形で、傷跡が長期間にわたり消えないとなると、今度はそちらに悩んでしまうことになるでしょう。プチ整形はメスで大きく切開するような手術を行わないため、メスを使う美容整形より傷跡が残り難いというメリットがあります。

福岡県内の美容外科クリニックで人気を集めている「プチ整形」で、どのようなコンプレックスを解消できるのかチェックしてみましょう。美容整形は日々、手術法や技術、安全性は高まっていますがプチ整形も例外ではなく、顔・身体の様々な部位のコンプレックスを解消することが可能です。例えば顔であれば一重まぶたや奥二重をクッキリとした二重まぶたにする、鼻筋を通すといった効果を得られます。形を変えるだけでなくほうれい線を消したり、頬やフェイスラインのたるみを取るなどのアンチエイジングもプチ整形で得られる効果です。身体の場合、ヒアルロン酸注入での豊胸手術で1カップ程度のバストアップが期待できますし、脂肪溶解注射という方法で二の腕などの脂肪を落とせます。メスを使わない美容整形ということもあり、さほど見た目は変わらないというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、プチ整形だけでも容姿のコンプレックスを無くすことはできます。美容外科クリニックによって受けられるプチ整形は異なるので、気になる人はまず福岡のクリニックに相談してみると良いでしょう。